ブログ

交通事故 概説⑩

みなさん、こんにちは。
複数回に分けて、 交通事故 案件についてお話したいと思います。
前回までは、交通事故の損害賠償請求の項目についてお話しました。今回は、その損害のうちの何パーセントを賠償請求できるのか、つまり過失割合についてお話します。よくご自分をゼロとして10対0だと主張する人がいますが、お気持ちは分かるものの、残念ながら、10対0になるのは停止している自動車に追突してしまった場合など、かなり限定的な場合です。また、一般的な常識のとおり、車と歩行者とでは、車の方がより注意をすべきという考えを前提として、車の方が過失割合が圧倒的に重い場合がほとんどです。

The following two tabs change content below.
弁護士 海老名毅

弁護士 海老名毅

弁護士みなと綜合法律事務所
横浜、関内を拠点に弁護士をやっております海老名毅です。 私が弁護士として大切にしていることは「依頼者様の立場になり、解決の選択肢を提示すること」です。夜間・休日・時間外の緊急相談もできるだけ対応しますので、お気軽にご相談ください!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る