ブログ

実印の意味について

 実印とは、役所で印鑑登録された印鑑をいいます。印鑑登録するには、本人確認をすることになっています。すなわち、本人だけが印鑑登録をすることができるわけですし、印鑑登録を経た実印は本人が所持しているのが通常です。そんなわけなので、実印によって押印された書面は、本人だけが持っているであろう実印が押されているわけですから、通常の印鑑よりも本人が押印したであろう可能性が大変高いわけです。例えば、不動産の売買等、金額が著しく高い重要な取引きにおいては、後になって「売買などしていない」などと言わせないために、実務上、実印による押印が要求されています。実印が押されている場合、「自分は押していない。他人が自分の実印を使用して勝手に押印したのだ。」というような主張は、なかなか通りません。実印は、くれぐれも大事に保管し、むやみに他人に預ける等すべきではありません。

The following two tabs change content below.
弁護士 海老名毅

弁護士 海老名毅

弁護士みなと綜合法律事務所
横浜、関内を拠点に弁護士をやっております海老名毅です。 私が弁護士として大切にしていることは「依頼者様の立場になり、解決の選択肢を提示すること」です。夜間・休日・時間外の緊急相談もできるだけ対応しますので、お気軽にご相談ください!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る