ブログ

近親婚

③

はじめに

あなたの婚姻は、離婚をするまでもなく一方的に取り消すことができるかもしれません。



事例紹介

親族同士の婚姻がなされてしまったとしましょう。しかし、この場合、いろいろな意味で、他の親族としては不安なことでしょう。



事例解説

人類は、ほとんどの地域、時代で、近親者同士の婚姻はタブーとしてきました。その大きな理由は、優生学上の理由です。つまり、近親者同士が婚姻すると、性行為をして子が産まれても、何らかの障害を持った子が産まれてくる可能性が高いのです。そのため、これを回避する必要があるわけです。また、抽象的な理由としては、道義上、たとえば、父が娘と婚姻することは、具体的な理屈以前に、道義上認められないことは明らかでしょう。
以上の理由から、近親婚は、取り消すことが出来るとされています(民法734条、744条)

※民法の詳しい条文については電子政府の総合窓口:民法をご覧ください。



今後のアクション

このケースも、重婚の場合と同じく、周囲の親族が取り消す場合が多いでしょう。
このケースは、当事者双方が互いに愛し合っている場合、取り消すことが果たしていいことなのかどうか、大変デリケートで難しい問題ですね。



ご相談・連絡先

お電話の場合は、045-550-3390 までご連絡ください。 メールはこちらへ。
お電話は平日9:00~22:00まで受け付けております。出られない場合もありますが、その場合は「お名前」「電話番号」「ご用件」を留守電に入れて頂ければ折り返し電話させて頂きます。土日・祝日についても緊急時はできるだけ対応いたしますので、お一人で悩まずにお気軽にご相談下さい。



The following two tabs change content below.
弁護士 海老名毅

弁護士 海老名毅

弁護士みなと綜合法律事務所
横浜、関内を拠点に弁護士をやっております海老名毅です。 私が弁護士として大切にしていることは「依頼者様の立場になり、解決の選択肢を提示すること」です。夜間・休日・時間外の緊急相談もできるだけ対応しますので、お気軽にご相談ください!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る