ブログ

遺産分割調停(60代・男女・横浜市)

ご依頼内容

調停になる前に、既に相続人間で不動産を共有とする遺産分割協議を成立させてしまったところ、相手方相続人が不動産の代償金を請求してきた事案です。

お客様の声

 私たち姉弟は、遺産である不動産に居住していますが、まさかこんなことになるとは思わず、不用意に当該不動産に済んでいない妹と当該不動産を共有で相続するという内容の遺産分割協議を成立させてしまいました。しかし、その後、妹は、不動産の共有持分を私達に買い取るよう要求してきました。大変腹立たしかったですが、買取自体は仕方ないと諦め、金額を相場より安く、しかも分割で支払うという合意を交わすことができました。

弁護士海老名毅より

ebinaorei240弁護士 海老名毅

ご依頼頂きありがとうございました。弁護士 海老名毅

できればもっと早く相談していただき、よりご依頼者様に有利に終結させて差し上げたかったです。できれば、弁護士をもっと身近に感じていただき、どんどんご相談なさってください。

The following two tabs change content below.
弁護士 海老名毅

弁護士 海老名毅

弁護士みなと綜合法律事務所
横浜、関内を拠点に弁護士をやっております海老名毅です。 私が弁護士として大切にしていることは「依頼者様の立場になり、解決の選択肢を提示すること」です。夜間・休日・時間外の緊急相談もできるだけ対応しますので、お気軽にご相談ください!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る