ブログ

遺留分減殺調停・訴訟(50代・男性・川崎市)

ご依頼内容

遺言で仲間外れにされたので遺留分減殺請求をしましたが、相手方が一切遺産の内容を開示せず、独り占めをしていた事案です。

お客様の声

 相手方が遺産を秘密にする以上、遺留分減殺請求の金額を算定できず、苦労しました。調停や訴訟の末にようやく遺産を開示させ、その後はスムーズに遺留分相当額を回収することができました。

弁護士海老名毅より

ebinaorei240弁護士 海老名毅

ご依頼頂きありがとうございました。弁護士 海老名毅

遺産の開示は、相続当事者の義務であるのに頑強にこれを明らかにしようとせず、とても非常識で腹立たしい事案でした。遺産を開示しないことによる慰謝料請求の訴えを提起したり、裁判所による調査嘱託制度の利用を申し立てたりして、ようやく遺産を開示させ、遺留分相当額を回収することができました。

The following two tabs change content below.
弁護士 海老名毅

弁護士 海老名毅

弁護士みなと綜合法律事務所
横浜、関内を拠点に弁護士をやっております海老名毅です。 私が弁護士として大切にしていることは「依頼者様の立場になり、解決の選択肢を提示すること」です。夜間・休日・時間外の緊急相談もできるだけ対応しますので、お気軽にご相談ください!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る