アーカイブ:2016年 1月

  1. ①

    犯罪の成立について④(構成要件該当性について)

    今回は、構成要件該当性についてお話します。構成要件は、以前ご説明したとおり、法律に記載してある類型的な行為です。客観的には、犯罪の実行行為を行い、その実行行為によって犯罪結果が生じることが必要です。

  2. ①

    犯罪の成立について③(総論)

    さて、犯罪の成立要件を考えるとき、なぜ犯罪が処罰されるのか、処罰する必要があるのか、という観点から思考を巡らせることが重要です。現在の通説では、犯罪が処罰される理由は、平たく言うと、①法律に書いてあるから、②社会的に悪いことだから、③けしからんから、ということになっています。

  3. ①

    犯罪の成立について②(注意点)

    こんにちは。今後、前回の続きで犯罪の成立要件についてお話しますが、その前に注意点があります。

  4. ①

    犯罪の成立について①

    こんにちは。今回からは、刑事事件について、それも、犯罪の成否についてお話をさせていただきたいと思います。というのも、よく法律相談において、紛争相手のことについて、「紛争相手が自分に対して行った行為は犯罪ではないのか。警察に突き出すことはできないのか。」というお悩みが多いからです。

アクセスマップ

大きな地図で見る

『みなと綜合法律事務所』
〒231-0021
神奈川県横浜市中区日本大通14 KN日本大通ビル 4F
みなとみらい線 日本大通り駅より徒歩1分
JR 関内駅より徒歩7分

最近の記事

ページ上部へ戻る