少年事件|弁護士海老名毅

  1. 24474926_1138036059632910_2067471486_o

    少年審判の結論を出すにあたって、どんな事実が影響するか

    ご存知ですか?成人の場合の量刑は、犯行を行ったことについての懲罰的な色彩が濃いため、犯行行為についての態様、動機、結果が強い影響力を有します。それでは少年事件の場合はどうでしょうか。

  2. thankyou

    少年事件(10代・男性・横浜市)

    ご依頼内容友人と第三者に暴力を振るっているときに、一緒に強迫をしたという事案です。お客様の声 自分は、手こそ出さなかったものの、友人と一緒になって第三者を脅迫してしまいました。今思えば、友人を止めるべきでした。結果として保護観察処分となったので、今後は更生していきます。

  3. thankyou

    少年事件(10代・男性・横浜市)

    ご依頼内容傷害、器物損壊、窃盗事件です。お客様の声 当時、不良仲間と、同級生に暴行を加えて怪我をさせる、自動販売機を壊す、万引きをする、などの非行行為をしてしまっていました。

  4. ⑪

    なぜ人は勉強する必要があるか?

    前回は、少々司法試験について触れました。今回は、なぜ人は勉強する必要があるかについて話したいと思います。少々脱線しますが、私は、よく少年事件を担当しています。少年事件とは、弁護士にとっては、要は、未成年の初年が犯罪を犯した場合に、その少年を擁護することを内容とする仕事です。

アクセスマップ

大きな地図で見る

『みなと綜合法律事務所』
〒231-0021
神奈川県横浜市中区日本大通14 KN日本大通ビル 4F
みなとみらい線 日本大通り駅より徒歩1分
JR 関内駅より徒歩7分

最近の記事

ページ上部へ戻る