ブログ

夫の不貞等に基づく離婚等請求事件(40代 女性、横浜市)

ご依頼内容

夫の不貞を原因とする離婚等請求(財産分与の一環として自宅を売却した事例)です。

お客様の声

夫の不貞を原因として、もらうべきものをもらい、離婚することを決意しました。
夫には、それなりの財産があるので、きちんともらえるかどうか不安でした。
また、夫も私も同居していた持ち家が不要となったので、これをどう分割するのか分かりませんでした。

弁護士海老名毅より

ebinaorei240弁護士 海老名毅

ご依頼頂きありがとうございました。弁護士 海老名毅

幸い、夫が不貞を素直に認め、さらに夫が迅速な解決を求めていたので、慰謝料は相場よりも高くすることができました。
財産分与は、夫の財産をすべて開示させ、基本通り2分の1を受領することができました。また、自宅については、夫から自宅売却の事務処理の委任状を交付させ、こちらの主導で売却し、売却金額から残ローンや売却経費を控除したその残額を2人で折半するということにし、先般、無事に売却ができました。
もちろん、年金分割も2分の1で合意できました。
不貞ということで深くお心に傷を負われたと存じますが、今後の人生のご多幸を祈念いたします。

The following two tabs change content below.
弁護士 海老名毅

弁護士 海老名毅

弁護士みなと綜合法律事務所
横浜、関内を拠点に弁護士をやっております海老名毅です。 私が弁護士として大切にしていることは「依頼者様の立場になり、解決の選択肢を提示すること」です。夜間・休日・時間外の緊急相談もできるだけ対応しますので、お気軽にご相談ください!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る