ブログ

株式会社(工務店)、損害賠償被告事件

ご依頼内容

リフォーム工事を請け負ったところ、工事内容に欠陥があったとして、数百万円の損害賠償を受けた事件です。

お客様の声

 弊社での交渉段階では、相手方当事者が大変頑固で、話も二転三転し、弊社としても対応に大変苦慮しておりました。何とか円満な話合いで決着をつけたかったのですが、もはや協議不能と判断し、相手方当事者の出方を伺っていたところ、訴訟が提起されました。

弁護士海老名毅より

ebinaorei240弁護士 海老名毅

ご依頼頂きありがとうございました。弁護士 海老名毅

しばらくはリフォーム工事に欠陥があったか否かが争点となり、互いに主張立証を繰り広げていました。しかし、相手方当事者が依然として法外な要求をしていたので、裁判所に対して建築士の専門委員の先生に介入いただき、専門的知見に基づいて和解案を提示してもらい、無事に和解することができました。結果として、相手方当事者の要求よりも1桁少ない金額を支払うことによって終結しました。
建築等の専門的知識が争点となっている場合は、鑑定を請求すると数十万円の費用がかかるため、専門委員制度は積極的に活用した方がいいですね。

The following two tabs change content below.
弁護士 海老名毅

弁護士 海老名毅

弁護士みなと綜合法律事務所
横浜、関内を拠点に弁護士をやっております海老名毅です。 私が弁護士として大切にしていることは「依頼者様の立場になり、解決の選択肢を提示すること」です。夜間・休日・時間外の緊急相談もできるだけ対応しますので、お気軽にご相談ください!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る