ブログ

遺産を調査した上での相続放棄(40代男性、横浜市)

ご依頼内容

いろいろな事情があり、地元の母、妹と疎遠な状態でした。そんなとき、母が亡くなったとの知らせを受けました。長年疎遠でしたので、母の財産状況が分からず、相続を承認して遺産を受け取るか、または相続放棄するか、判断がつきませんでした。

お客様の声

弁護士に依頼して、まずは、相続を承認するか放棄するかの熟慮期間を延長してもらいました。そして、弁護士にいろいろした調査してもらった結果、名寄せによって不動産が無いこと、信用情報登録期間への照会によって債務も無いこと、また、生前最後の住所が借家であったこと、また、その賃料が判明しました。調査の結果、母には債務が無かったものの、生前の最後の住所の賃料からして、ほぼ財産もないことが分かりました。生前の私と母との関係からは、ここは相続放棄することが相当と考え、最終的には弁護士を通じて相続放棄の手続をしました。
事実関係が不明のまま決断をするよりも、ある程度の状況が分かって決断をすることができましたので、満足しています。

弁護士海老名毅より

ebinaorei240弁護士 海老名毅

ご依頼頂きありがとうございました。弁護士 海老名毅

相続を承認するか放棄するかの熟慮期間は、法律上3か月と決まっています。被相続人の遺産を調査する期間としては、大分短すぎると思います。
今回は、概ね遺産の状況が判明したので、ご決断の一助となったと思います。
弁護士は、単に相続放棄等の事務処理をするだけではなく、一定の調査をすることもできますので、本件は、その点でお役に立てたのではないかと思います。
今後の人生のご多幸を祈念いたします。

The following two tabs change content below.
弁護士 海老名毅

弁護士 海老名毅

弁護士みなと綜合法律事務所
横浜、関内を拠点に弁護士をやっております海老名毅です。 私が弁護士として大切にしていることは「依頼者様の立場になり、解決の選択肢を提示すること」です。夜間・休日・時間外の緊急相談もできるだけ対応しますので、お気軽にご相談ください!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る